【】Top

【】VB.NET
【】VB6.0

【】メールマガジンの購読
【】メールマガジンの解除






【】会社概要

【】お問い合わせ


姉妹サイト「バーチャルコネクション!」はこちらです。

姉妹サイト「七福神のメールでビンゴ!」はこちらです。

アイネットマコト

●24時間365日の安心をあなたにAT-LINK専用サーバ・サービスお勧めのサーバです。






ブラウザを作る

【注意書き】
●VB.NET を使っているものとします。
●動作環境は、Windows XX を使用しているとします。
●ブラウザコントロールを使用してます。

.NET でも、ブラウザを作ることが可能です。

この機能を使えば、簡単に、HTML形式で表示される
ページなどの表示機能を備えさせたアプリケーションが作成できます。


フォームに次の様なコードを記述します


-----------VB.NETコーディングここから-------------------

1.まず、ブラウザコントロールを追加するために
    ツールボックス
    Windowsフォーム ポインタで右クリックします。

2.するとメニューが表示されるので
    「アイテムの追加と削除」
  を選択して左クリックします。

3.「ツールボックスのカスタマイズ」のダイアログが表示されるので、
    ツールボックスのカスタマイズで
    「COMコンポーネント」
    タブをクリックします

4.名前
    □ Microsoft Web Browser
    にチェックを入れます。

5.その後、「ツールボックスのカスタマイズ」の
    ダイアログにある OKを押します。
  この操作で、「ツールボックスのカスタマイズ」のダイアログは
  閉じられ、ツールボックスのWindowsフォーム の一番最後に、
    Microsoft Web Browser コントロールが追加されます。


6.フォームに、テキストボックスコントロール、
    ボタンコントロール
  ブラウザコントロール
    を配置します。
    下記は、デフォルトのオブジェクトの名前と配置を示しています。
    AxWebBrowser1 は、ツールボックスのWindowsフォーム の一番最後に、
    Microsoft Web Browser コントロールが追加されているので、
    それを選択してフォームに貼り付けます

   ┏━━━━┓┏━━━━┓┏━━━━┓┏━━━━┓┏━━━━┓
   ┃Button2 ┃┃Button3 ┃┃Button4 ┃┃Button5 ┃┃Button6 ┃
   ┗━━━━┛┗━━━━┛┗━━━━┛┗━━━━┛┗━━━━┛
   ┏━━━━━━━━┓┏━━━━┓
   ┃TextBox1      ┃┃Button1 ┃
   ┗━━━━━━━━┛┗━━━━┛
   ┏━━━━━━━━┓
   ┃AxWebBrowser1   ┃
   ┗━━━━━━━━┛



7.ボタンコントロールの
    Button1 text プロパティに「GO」と記述します。
    Button2 text プロパティに「戻る」と記述します。
    Button3 text プロパティに「進む」と記述します。
    Button4 text プロパティに「更新」と記述します。
    Button5 text プロパティに「中止」と記述します。
    Button6 text プロパティに「印刷プ」と記述します。

  ※説明用のためです。必須ではありません。

   ┏━━━━┓┏━━━━┓┏━━━━┓┏━━━━┓┏━━━━┓
   ┃  戻る  ┃┃  進む  ┃┃  更新  ┃┃  中止  ┃┃ 印刷プ ┃
   ┗━━━━┛┗━━━━┛┗━━━━┛┗━━━━┛┗━━━━┛
   ┏━━━━━━━━┓┏━━━━┓
   ┃TextBox1      ┃┃  GO  ┃
   ┗━━━━━━━━┛┗━━━━┛
   ┏━━━━━━━━┓
   ┃AxWebBrowser1   ┃
   ┗━━━━━━━━┛




8.フォームをダブルクリックして、
    フォームロードイベントのコード編集を開始して、
    次のコードを記述します。


    Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
        'GO
        AxWebBrowser1.Navigate2(TextBox1.Text)
    End Sub

    Private Sub Button2_Click(ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles Button2.Click
        '戻る
        AxWebBrowser1.GoBack()

    End Sub


    Private Sub Button3_Click(ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles Button3.Click
        '進む
        AxWebBrowser1.GoForward()

    End Sub

    Private Sub Button4_Click(ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles Button4.Click
        '更新
        AxWebBrowser1.Refresh2()

    End Sub

    Private Sub Button5_Click(ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles Button5.Click
        '中止
        AxWebBrowser1.Stop()

    End Sub

    Private Sub Button6_Click(ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles Button6.Click
        '印刷
        AxWebBrowser1.ExecWB( _
        SHDocVw.OLECMDID.OLECMDID_PRINTPREVIEW, _
        SHDocVw.OLECMDEXECOPT.OLECMDEXECOPT_DONTPROMPTUSER)

    End Sub


    Private Sub Form1_Load(ByVal sender As Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load

        Dim sty As System.Windows.Forms.AnchorStyles

        sty = System.Windows.Forms.AnchorStyles.Bottom + _
        System.Windows.Forms.AnchorStyles.Left + _
        System.Windows.Forms.AnchorStyles.Right + _
        System.Windows.Forms.AnchorStyles.Top
        AxWebBrowser1.Anchor = sty



        AxWebBrowser1.Left = 0
        AxWebBrowser1.Top = TextBox1.Top + TextBox1.Height + 10

        AxWebBrowser1.Width = Me.Width - 10
        AxWebBrowser1.Height = Me.Height - _
        AxWebBrowser1.Top - 40


        TextBox1.Text = "http://anetm.com/m/"
    End Sub


    Private Sub TextBox1_Click(ByVal sender As Object, _
     ByVal e As System.EventArgs) Handles TextBox1.Click
        'テキストの全選択
        TextBox1.SelectAll()

    End Sub


9.ビルドして実行します。

10.フォームに右上に表示された
    「GO」を押します。

11.TextBox1 のテキストで指定されている
      URL のサイトが表示されることを確認できます。






-----------VB.NETコーディングここまで-------------------

本サンプルでは、コード上で、
ブラウザコントロールをAnchor設定しています。

ブラウザの機能をアプリケーションに組み込むことによって、
オリジナルのHTMLソースなどを組み込み表示させたり
することが実現可能ですね。




 

http://anetm.com/dev/d.cgi?SC=DTDTL&o=OVO

Copyright(c)2001-2004 Ai Net Makoto 記事・情報の無断転載を禁止します。

「これがほしかった!厳選サンプルツール集」の注意点
●当サイトはリンクフリーです。
2018/08/22(水)00:05 更新