【】Top

【】VB.NET
【】VB6.0

【】メールマガジンの購読
【】メールマガジンの解除






【】会社概要

【】お問い合わせ


姉妹サイト「バーチャルコネクション!」はこちらです。

姉妹サイト「七福神のメールでビンゴ!」はこちらです。

アイネットマコト

●24時間365日の安心をあなたにAT-LINK専用サーバ・サービスお勧めのサーバです。






フォームを左右に分割する

【注意書き】
●VB.NET を使っているものとします。
●動作環境は、Windows XX を使用しているとします。


.NET でも、フォームを左右に分割することが可能です。

この機能を使えば、簡単に、
フォームに表示される境界線をマウスでドラッグして
表示スペースを調整させるなどの機能を持たせた
アプリケーションを作成することができます。



フォームに次の様なコードを記述します


-----------VB.NETコーディングここから-------------------


1.フォームに、
    テキストボックスコントロール
    を配置します。
    下記は、デフォルトのオブジェクトの名前と配置を示しています。

   ┏━━━━━┓
   ┃TextBox1  ┃
   ┃※複数行  ┃
   ┃          ┃
   ┃          ┃
   ┃          ┃
   ┗━━━━━┛


2.テキストボックスコントロール TextBox1は、
    複数行の入力とするため、
    Multiline プロパティを True にします。(複数行)
    Dock プロパティを Left にします。



3.次にフォームに、
    スプリッターコントロール
    を配置します。
    下記は、デフォルトのオブジェクトの名前と配置を示しています。

   ┏━━━━━┓┏━┓
   ┃TextBox1  ┃┃Sp┃
   ┃※複数行  ┃┃li┃
   ┃          ┃┃tt┃
   ┃          ┃┃er┃
   ┃          ┃┃1 ┃
   ┗━━━━━┛┗━┛

4.スプリッターコントロール Splitter1の、
    Dock プロパティを Left にします。



5.次にフォームに、
    テキストボックスコントロール
    を配置します。
    下記は、デフォルトのオブジェクトの名前と配置を示しています。


   ┏━━━━━┓┏━┓┏━━━━━┓
   ┃TextBox1  ┃┃Sp┃┃TextBox2  ┃
   ┃※複数行  ┃┃li┃┃※複数行  ┃
   ┃          ┃┃tt┃┃          ┃
   ┃          ┃┃er┃┃          ┃
   ┃          ┃┃1 ┃┃          ┃
   ┗━━━━━┛┗━┛┗━━━━━┛

6.テキストボックスコントロール TextBox2は、
    複数行の入力とするため、
    Multiline プロパティを True にします。(複数行)
    Dock プロパティを Fill にします。



7.ビルドして実行します。


8.フォームに表示された
    スピリッター(境界線)をマウスでドラッグします。

9.左右のテキストボックスがそれにあわせて
    表示領域を拡大したり縮小したりします。


-----------VB.NETコーディングここまで-------------------

本サンプルは、コントロール配置とプロパティ設定の順番を
厳守する必要があります。

コントロール配置とプロパティ設定の順番を入れ替えたりすると、
適切に動作しなくなる恐れがあります。


スピリッターコントロールを使うと、
画面分割したアプリケーション、たとえば
フレーム形式のhtmコンテンツ画面などの
イメージのアプリケーションが作成できます。




 

http://anetm.com/dev/d.cgi?SC=DTDTL&o=Oum

Copyright(c)2001-2004 Ai Net Makoto 記事・情報の無断転載を禁止します。

「これがほしかった!厳選サンプルツール集」の注意点
●当サイトはリンクフリーです。
2018/10/21(日)00:05 更新