【】Top

【】VB.NET
【】VB6.0

【】メールマガジンの購読
【】メールマガジンの解除






【】会社概要

【】お問い合わせ


姉妹サイト「バーチャルコネクション!」はこちらです。

姉妹サイト「七福神のメールでビンゴ!」はこちらです。

アイネットマコト

●24時間365日の安心をあなたにAT-LINK専用サーバ・サービスお勧めのサーバです。






エラープロバイダーを設置する

【注意書き】
●VB.NET を使っているものとします。
●動作環境は、Windows XX を使用しているとします。


.NET でも、エラープロバイダーを設置して
簡易ヘルプを表示することが可能です。

この機能を使えば、エラーやトラップに対して指示を促す場合、
問題のおきている箇所に誘導を簡単に行うような
アプリケーションを作成することが可能です


フォームに次の様なコードを記述します


-----------VB.NETコーディングここから-------------------


1.フォームに、ラベルコントロール、
    テキストボックスコントロール、
    ErrorProviderコントロール、
    ボタンコントロール
    を配置します。
    下記は、デフォルトのオブジェクトの名前と配置を示しています。


   ┏━━━━━━━━━┓┏━━━━━━━━━┓
   ┃Label1            ┃┃TextBox1          ┃
   ┗━━━━━━━━━┛┗━━━━━━━━━┛
              ┏━━━━━━━━━┓
              ┃Button1           ┃
              ┗━━━━━━━━━┛
    --------------------------------------------
    (フォーム外)
   ┏━━━━━━━━━┓
   ┃ErrorProvider1    ┃
   ┗━━━━━━━━━┛



2.ラベルコントロールの
    Label1 text プロパティに「数値」と記述します。

    ボタンコントロールの
    Button1 text プロパティに「入力したよ」と記述します。


  ※説明用のためです。必須ではありません。

   ┏━━━━━━━━━┓┏━━━━━━━━━┓
   ┃数値              ┃┃TextBox1          ┃
   ┗━━━━━━━━━┛┗━━━━━━━━━┛
              ┏━━━━━━━━━┓
              ┃入力したよ        ┃
              ┗━━━━━━━━━┛
    --------------------------------------------
    (フォーム外)
   ┏━━━━━━━━━┓
   ┃ErrorProvider1    ┃
   ┗━━━━━━━━━┛


3.ボタンコントロールをダブルクリックして、
    ボタンのクリックイベントの編集を開始して、
    次のコードを記述します。


    Private Sub TextBox1_Leave(ByVal sender As Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles TextBox1.Leave


        'チェックする項目
        If IsNumeric(TextBox1.Text) Or _
         TextBox1.Text = "" Then
            'エラープロバイダーをクリア
            ErrorProvider1.SetError(TextBox1, Nothing)
        Else
            'エラープロバイダーにセット
            ErrorProvider1.SetError(TextBox1, _
            "数値で書くんだよ!")
        End If

    End Sub


    Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click

        If TextBox1.Text = "" Then
            MsgBox("数値を入力して下さい")
            Exit Sub
        End If

        If IsNumeric(TextBox1.Text) Then
            MsgBox("よかった!数字で!")
        Else
            MsgBox("数字だってば!")
        End If


    End Sub


4.ビルドして実行します。

5.フォームに表示された「入力したよ」のボタンを押します

6.メッセージボックスに”数字だってば!”の文字列が表示され、
    同時に、テキストボックスの右側に 赤丸のアイコンが表示されます

7.テキストボックスの右側に表示された赤丸のアイコンに
    マウスを近づけると”数値で書くんだよ!”と表示されます

8.テキストボックスに、「 1 」と入力します
    ※半角数字

9.フォームに表示された「入力したよ」のボタンを押します

10.メッセージボックスに”よかった!数字で!”の文字列が表示され、
    同時に、テキストボックスの右側に 赤丸のアイコンが消えます


----------VB.NETコーディングここまで-------------------

ErrorProvider(エラープロバイダー)で表示されるアイコン
は、任意で変更が可能です。
変更する場合は、アイコンファイル(拡張子 .ico)を指定します。

デフォルトで、赤丸のアイコンが表示されます。(白抜きで!マーク)

また、アイコンの点滅の設定も任意で変更が可能です。
その場合は、ErrorProvider のプロパティ
BlinkRate    ・・・点滅速度(ミリ秒)
BlinkStyle  ・・・点滅スタイルを示し、次の設定が可能です
             BlinkIfDifferentError   当初だけ点滅表示
             AlwaysBlink             常に点滅表示
             NeverBlink              点滅しない


エラープロバイダーは、自動的にコントロールのレイアウト右側に
表示されます。
表示される位置間隔も指定可能です。




 

http://anetm.com/dev/d.cgi?SC=DTDTL&o=Ou3

Copyright(c)2001-2004 Ai Net Makoto 記事・情報の無断転載を禁止します。

「これがほしかった!厳選サンプルツール集」の注意点
●当サイトはリンクフリーです。
2018/12/15(土)00:05 更新