【】Top

【】VB.NET
【】VB6.0

【】メールマガジンの購読
【】メールマガジンの解除






【】会社概要

【】お問い合わせ


姉妹サイト「バーチャルコネクション!」はこちらです。

姉妹サイト「七福神のメールでビンゴ!」はこちらです。

アイネットマコト

●24時間365日の安心をあなたにAT-LINK専用サーバ・サービスお勧めのサーバです。






アイコントレイにアイコン登録して簡易操作する

【注意書き】
●VB.NET を使っているものとします。
●動作環境は、Windows XX を使用しているとします。


.NET でも、アイコントレイにアイコン登録して
簡易操作することが可能です。

この機能を使えば、簡単に、より利便性を高めた
常駐するアプリケーションを作成することが可能です


フォームに次の様なコードを記述します


-----------VB.NETコーディングここから-------------------


1.フォームに、NotifyIconコントロール、
    ContextMenuコントロール、
    ボタンコントロール
    を配置します。
    下記は、デフォルトのオブジェクトの名前と配置を示しています。


   ┏━━━━━━━━━┓
   ┃Button1           ┃
   ┗━━━━━━━━━┛
   ┏━━━━━━━━━┓
   ┃Button2           ┃
   ┗━━━━━━━━━┛
    --------------------------------------------
    (フォーム外)
   ┏━━━━━━━━━┓┏━━━━━━━━━┓
   ┃NotifyIcon1       ┃┃ContextMenu1      ┃
   ┗━━━━━━━━━┛┗━━━━━━━━━┛



2.ボタンコントロールの
    Button1 text プロパティに「隠す」と記述します。

    ボタンコントロールの
    Button2 text プロパティに「切り替え」と記述します。


  ※説明用のためです。必須ではありません。

   ┏━━━━━━━━━┓
   ┃隠す              ┃
   ┗━━━━━━━━━┛
   ┏━━━━━━━━━┓
   ┃切り替え          ┃
   ┗━━━━━━━━━┛
    --------------------------------------------
    (フォーム外)
   ┏━━━━━━━━━┓┏━━━━━━━━━┓
   ┃NotifyIcon1       ┃┃ContextMenu1      ┃
   ┗━━━━━━━━━┛┗━━━━━━━━━┛


3.フォームにある ContextMenu1 コントロールを
    クリックすると、「 ショートカット メニュー」の
    文字列を、デザイン中の Form1 の上部に表示されるので、
    表示された「 ショートカット メニュー」の文字列をクリックします

4.すると、表示された「 ショートカット メニュー」の文字列の下に
    「ここへ入力」の文字列が表示されるので、
  「ここへ入力」の文字列をクリックして、

     「表示」と入力します。(「」は省いて入力してください)


5.すると、先ほど入力した「表示」の下に
    「ここへ入力」の文字列が表示されるので、
  「ここへ入力」の文字列をクリックして、

     「終了」と入力します。(「」は省いて入力してください)



6.フォームをダブルクリックして、
    フォームロードイベントのコード編集を開始して、
    次のコードを記述します。


    Private Sub Dsp_Kakusu()
        'このフォームを隠す
        Me.Visible = False
        'アイコンを表示する
        NotifyIcon1.Visible = True
    End Sub

    Private Sub Dsp_Kirikae()
        'アイコン表示を切り替える
        NotifyIcon1.Visible = Not NotifyIcon1.Visible

    End Sub

    Private Sub Dsp_Visible()
        'このフォームを表示する
        Me.Visible = True
    End Sub

    Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
        Call Dsp_Kakusu()

    End Sub

    Private Sub Button2_Click(ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles Button2.Click

        Call Dsp_Kirikae()
    End Sub

    Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load

        NotifyIcon1.Icon = Me.Icon
        NotifyIcon1.Text = "サンプル.NET"
        NotifyIcon1.ContextMenu = ContextMenu1

    End Sub



    Private Sub MenuItem1_Click(ByVal sender As Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles MenuItem1.Click

        Call Dsp_Visible()
    End Sub

    Private Sub MenuItem2_Click(ByVal sender As Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles MenuItem2.Click
        End
    End Sub



7.ビルドして実行します。

8.フォームに表示された「切り替え」のボタンを押します

9.ディスプレイ画面の右下にあるアイコントレイに
    本アプリケーションのアイコンが表示されます

10.フォームに表示された「隠す」のボタンを押します

11.本アプリケーションのフォームが画面から消えます

12.先ほどより、ディスプレイ画面の右下にあるアイコントレイに
   表示された本アプリケーションのアイコンを
     右クリックします

13.コンテキストメニューとして「表示」と「終了」の
   2種類が表示されるので、「表示」を選びクリックします

14.再び本アプリケーションのフォームが
      画面に現れることを確認できます



----------VB.NETコーディングここまで-------------------

アイコントレイに表示させるアイコンは

   NotifyIcon1.Icon プロパティに指定できます

本サンプルでは、Form1_Load イベントに
NotifyIcon1 に関する初期設定を行っています。




 

http://anetm.com/dev/d.cgi?SC=DTDTL&o=OmV

Copyright(c)2001-2004 Ai Net Makoto 記事・情報の無断転載を禁止します。

「これがほしかった!厳選サンプルツール集」の注意点
●当サイトはリンクフリーです。
2018/12/15(土)00:05 更新