【】Top

【】VB.NET
【】VB6.0

【】メールマガジンの購読
【】メールマガジンの解除






【】会社概要

【】お問い合わせ


姉妹サイト「バーチャルコネクション!」はこちらです。

姉妹サイト「七福神のメールでビンゴ!」はこちらです。

アイネットマコト

●24時間365日の安心をあなたにAT-LINK専用サーバ・サービスお勧めのサーバです。






日付の選択をカレンダーからする

.NET でも、日付の選択をカレンダーからすることが可能です。

この機能を使えば、簡単に、
カレンダーをもとに日付を選択させるアプリケーション
など簡単に作成できます。


フォームに次の様なコードを記述します


-----------VB.NETコーディングここから-------------------


1.フォームに、DateTimePickerコントロール、
    を配置します。
    下記は、デフォルトのオブジェクトの名前と配置を示しています。

   ┏━━━━━━━━━━━┓
   ┃DateTimePicker     ▼ ┃
   ┗━━━━━━━━━━━┛


2.DateTimePickerコントロールの
    DateTimePicker1 CustomFormat プロパティに
    「yyyy年 MM月 dd日(ddd)」と記述します。


3.DateTimePickerコントロールの
    DateTimePicker1 Format プロパティに
    「Custom」を選び設定します。

4.ビルドして実行します。

5.フォームに表示された日付のコンボで、▼をクリックして、
   ┏━━━━━━━━━━━┓
   ┃DateTimePicker     ▼ ┃
   ┗━━━━━━━━━━━┛
    ドロップダウンリストを表示させます。


6.カレンダーが表示されるので、適当な日付を選択してみます。


7.選択された日付が、フォームに表示された日付のコンボに
  表示されています。



-----------VB.NETコーディングここまで-------------------

DateTimePicker1.Value プロパティに
選択された日付が設定されます。

設定される日付の書式は、
DateTimePicker1 Format プロパティに従います。

DateTimePicker1 Format プロパティが、
「Custom」の場合は、さらに
DateTimePicker1 CustomFormat プロパティに従い、
指定する書式で日付を取得する事が出来ます。


d     1 桁または 2 桁の日。
dd    2 桁の日。日の値が 1 桁の場合は、前に 0を補正。
ddd   3 文字の曜日の省略形。
dddd  完全な曜日。
h     12 時間形式で表される 1 桁または 2 桁の時間。
hh    12 時間形式で表される
      2 桁の時間。値が 1 桁の場合、前に 0を補正。
H     24 時間形式で表される 1 桁または 2 桁の時間。
HH    24 時間形式で表される 2 桁の時間。
      値が 1 桁の場合、前に 0を補正。
m     1 桁または 2 桁の分。
mm    2 桁の分。値が 1 桁の場合、前に 0を補正。
M     数字で表示する 1 桁または 2 桁の月。
MM    数字で表示する 2 桁の月。
      値が 1 桁の場合、前に 0を補正。
MMM   3 文字の月の省略形。
MMMM  完全な月の名前。
s     1 桁または 2 桁の秒。
ss    2 桁の秒。値が 1 桁の場合、前に 0を補正。
t     1 文字の AM/PM の省略形 ("AM" の場合は "A")。
tt    2 文字の AM/PM の省略形 ("AM" の場合は "AM")。
y     1 桁の西暦年 (2001 年の場合は "1")。
yy    西暦年の最後の 2 桁 (2001 の場合は "01")。
yyyy  完全な西暦年 (2001 の場合は "2001")。

これらの書式を組み合わせて自由に取得することが可能です。




 

http://anetm.com/dev/d.cgi?SC=DTDTL&o=Oe7

Copyright(c)2001-2004 Ai Net Makoto 記事・情報の無断転載を禁止します。

「これがほしかった!厳選サンプルツール集」の注意点
●当サイトはリンクフリーです。
2018/10/21(日)00:05 更新