【】Top

【】VB.NET
【】VB6.0

【】メールマガジンの購読
【】メールマガジンの解除






【】会社概要

【】お問い合わせ


姉妹サイト「バーチャルコネクション!」はこちらです。

姉妹サイト「七福神のメールでビンゴ!」はこちらです。

アイネットマコト

●24時間365日の安心をあなたにAT-LINK専用サーバ・サービスお勧めのサーバです。






一覧表を作成して編集する

.NET でも、一覧表を作成して編集させることが可能です。

この機能を使えば、簡単に、
表形式イメージ機能のあるアプリケーション
など簡単に作成できます。


フォームに次の様なコードを記述します


-----------VB.NETコーディングここから-------------------


1.フォームに、データグリッドコントロール、
    ラベルコントロールを配置します。
    下記は、デフォルトのオブジェクトの名前と配置を示しています。

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃DataGrid1                               ┃
    ┃                                        ┃
    ┃                                        ┃
    ┃                                        ┃
    ┃                                        ┃
    ┃                                        ┃
    ┃                                        ┃
    ┃                                        ┃
    ┃                                        ┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃Label1                      ┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━┛


2.フォームでダブルクリックして、フォームのロードイベント
  プロシージャのコード編集画面にします。

3.次のコードを記述します。

    Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load

        '作業用のオブジェクト変数を定義
        Dim objData As DataSet
        Dim objTable As DataTable
        Dim Col As DataColumn

        'データとテーブルを作成
        objData = New DataSet("Data")
        objTable = New DataTable("Table")

        'データ列の項目を定義しています
        Col = New DataColumn("NO")
        '自動インクリメント有効
        Col.AutoIncrement = True
        Col.DataType = Type.GetType("System.Int32")
        objTable.Columns.Add(Col)

        Col = New DataColumn("商品")
        Col.DataType = Type.GetType("System.String")
        objTable.Columns.Add(Col)


        Col = New DataColumn("料金")
        Col.DataType = Type.GetType("System.Int32")
        objTable.Columns.Add(Col)

        'データグリッドと接続しています
        objData.Tables.Add(objTable)
        DataGrid1.SetDataBinding(objData, "Table")


    End Sub


    Private Sub DataGrid1_MouseDown(ByVal sender As Object, _
    ByVal e As System.Windows.Forms.MouseEventArgs) _
    Handles DataGrid1.MouseDown

        Dim Hit As DataGrid.HitTestInfo

        'データグリッドのヒットされた領域を取り出しています
        Hit = DataGrid1.HitTest(e.X, e.Y)
        Select Case Hit.Type
            Case DataGrid.HitTestType.Cell
                '0からカウントされているので、1を足して補正しています
                Label1.Text = CStr(Hit.Row + 1) + " 行 " _
                           + CStr(Hit.Column + 1) + " 列目を編集"
            Case Else
                '編集可能な行、列以外をクリックされている場合です
                Label1.Text = ""
        End Select


    End Sub


4.ビルドして実行します。

5.フォームに表示された
    データグリッドの編集可能な領域をマウスでクリックします。

6.クリックした場所の編集が開始され、ラベルコントロールに
    クリックしたセルの位置が表示されます。




-----------VB.NETコーディングここまで-------------------


上記をカスタマイズして、バックのセルの色を変えたり、
スプライトのように色を変えたりする事が簡単に可能です。



 

http://anetm.com/dev/d.cgi?SC=DTDTL&o=O7w

Copyright(c)2001-2004 Ai Net Makoto 記事・情報の無断転載を禁止します。

「これがほしかった!厳選サンプルツール集」の注意点
●当サイトはリンクフリーです。
2018/10/21(日)00:05 更新