【】Top

【】VB.NET
【】VB6.0

【】メールマガジンの購読
【】メールマガジンの解除






【】会社概要

【】お問い合わせ


姉妹サイト「バーチャルコネクション!」はこちらです。

姉妹サイト「七福神のメールでビンゴ!」はこちらです。

アイネットマコト

●24時間365日の安心をあなたにAT-LINK専用サーバ・サービスお勧めのサーバです。






アイコンドラッグでファイルを受け取る

.NET でも、アイコンドラッグでファイルを受け取ることが可能です。

この機能を使えば、簡単に、
アイコンドラッグでファイルを受け取る
アプリケーションなど簡単に作成できます。


フォームに次の様なコードを記述します


-----------VB.NETコーディングここから-------------------


1.フォームに、リストボックスコントロール
    を配置します。
    下記は、デフォルトのオブジェクトの名前と配置を示しています。

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃ListBox1                                ┃
    ┃                                        ┃
    ┃                                        ┃
    ┃                                        ┃
    ┃                                        ┃
    ┃                                        ┃
    ┃                                        ┃
    ┃                                        ┃
    ┃                                        ┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




2.フォームルをダブルクリックして、
    コードの編集を開始して、
  次のコードを記述します。

    Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load


        Dim strFilenam() As String    'ファイルの一覧

        'コマンドライン引数を配列に保存
        '区切りは半角スペース
        strFilenam = Split(Microsoft.VisualBasic.Command())

        'ファイルの一覧に追加
        ListBox1.Items.AddRange(strFilenam)

    End Sub



3.ビルドします。

4.ビルドされた exe ファイルへ
    適当なファイルをドラッグ&ドロップします。

5.ビルドされた exe が起動して、リストボックスに、
    ドラッグ&ドロップされたファイル名が表示されます。




-----------VB.NETコーディングここまで-------------------


上記は、ビルドされた exe のショートカットからも、
受け取ることが可能です。

また、複数ファイルを同時に受け取ることも可能です。




 

http://anetm.com/dev/d.cgi?SC=DTDTL&o=O7O

Copyright(c)2001-2004 Ai Net Makoto 記事・情報の無断転載を禁止します。

「これがほしかった!厳選サンプルツール集」の注意点
●当サイトはリンクフリーです。
2018/08/22(水)00:05 更新