【】Top

【】VB.NET
【】VB6.0

【】メールマガジンの購読
【】メールマガジンの解除






【】会社概要

【】お問い合わせ


姉妹サイト「バーチャルコネクション!」はこちらです。

姉妹サイト「七福神のメールでビンゴ!」はこちらです。

アイネットマコト

●24時間365日の安心をあなたにAT-LINK専用サーバ・サービスお勧めのサーバです。






フォームのスクバーを点滅させる

.NET でも、タスクバーの点滅をさせることが可能です。

この機能を使えば、簡単に、
バックグラウンドでの処理などをタスクバーで
お知らせするといったことが実現します。


フォームに次の様なコードを記述します


-----------VB.NETコーディングここから-------------------


1.フォームに、ボタンコントロールを配置します。
    下記は、デフォルトのオブジェクトの名前と配置を示しています。

              ┏━━━━┓
              ┃Button1 ┃
              ┗━━━━┛

2.ボタンコントロールの
    Button1 text プロパティに「点滅」と記述します。
  ※説明用のためです。必須ではありません。

              ┏━━━━┓
              ┃ 点 滅  ┃
              ┗━━━━┛


3.フォームで右クリックして、「コードの表示」を
  選び、コード編集画面にします。

4.フォームの宣言部に、次のコードを記述します。

    Imports System.Runtime.InteropServices

5.さらに、 Public Class Form1 内に、
  次のコードを記述します。

   '構造体の宣言
    Private Structure FLASHINFO

        Dim cbsize As Integer
        Dim hwnd As IntPtr
        Dim dwFlags As Integer
        Dim uCount As Integer
        Dim dwTimeout As Integer

    End Structure

    Const FLASH_CAPTION = &H1
    Const FLASH_TRAY = &H2
    Const FLASH_ALL = (FLASH_CAPTION Or FLASH_TRAY)

    'APIの宣言です。WINNT4.0では使用できない
    Private Declare Function FlashWindowEx Lib "user32.dll" _
    (ByRef pfwi As FLASHINFO) As Integer


    Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
        Dim flashinfo As FLASHINFO
        With flashinfo
            .cbsize = Marshal.SizeOf(flashinfo)
            .hwnd = Me.Handle
            .dwFlags = FLASH_ALL

            'フラッシュの回数を指定しています
            'この場合は、3回です。
            .uCount = 3
            .dwTimeout = 0

        End With
        'フラッシュします
        FlashWindowEx(flashinfo)

    End Sub






6.ビルドして実行します。

7.フォームに表示された
    「点滅」ボタンを押すと、タスクバーが3回点滅します。




-----------VB.NETコーディングここまで-------------------


上記をカスタマイズして、点滅回数を変更可能です。






 

http://anetm.com/dev/d.cgi?SC=DTDTL&o=Olw

Copyright(c)2001-2004 Ai Net Makoto 記事・情報の無断転載を禁止します。

「これがほしかった!厳選サンプルツール集」の注意点
●当サイトはリンクフリーです。
2018/10/21(日)00:05 更新