【】Top

【】VB.NET
【】VB6.0

【】メールマガジンの購読
【】メールマガジンの解除






【】会社概要

【】お問い合わせ


姉妹サイト「バーチャルコネクション!」はこちらです。

姉妹サイト「七福神のメールでビンゴ!」はこちらです。

アイネットマコト

●24時間365日の安心をあなたにAT-LINK専用サーバ・サービスお勧めのサーバです。






入力できる文字を特定する

.NET でも、VB同様キープレスイベントを使って、
入力できる文字を特定することが可能です。

この機能を使えば、数字のみしか入力できない欄や、
全角カタカナのみしか入力できない欄など
幅広く活用できるものです。


フォームに次の様なコードを記述します


-----------VB.NETコーディングここから-------------------

1.フォームに、テキストボックスコントロールを配置します。
    (デフォルトのオブジェクトの名前 TextBox1)

2.フォームで右クリックして、「コードの表示」を
  選び、コード編集画面にします。

3.コード編集画面で、編集画面上部にある2種類のドロップダウン
    のうち、左側のドロップダウンである、
    Form1が選択されているドロップダウンをクリックして、
    一覧を表示し、TextBox1 を選びます

4.コード編集画面で、編集画面上部にある2種類のドロップダウン
    のうち、右側のドロップダウンである、
    Declarationsが選択されているドロップダウンをクリックして、
    一覧を表示し、KeyPress を選びます

5.コードデザイナによって、自動的に、
  イベントプロシージャが作成されます。
  次のコードを記述します。


    Private Sub TextBox1_KeyPress(ByVal sender As Object, _
        ByVal e As System.Windows.Forms.KeyPressEventArgs) _
        Handles TextBox1.KeyPress

        If IsNumeric(e.KeyChar) Or _
            e.KeyChar = "." Or _
            e.KeyChar = ChrW(8) Then
            '数字、小数点はOK
            'バックスペースもOK

        ElseIf e.KeyChar = ChrW(13) Then
            '確定したらメッセージボックス表示
            MessageBox.Show("入力されたデータは" & _
            Me.TextBox1.Text & "です")
            e.Handled = True

        Else
            '入力できない場合は、入力データの処理が
            '終わったことを示して、終了

            e.Handled = True

        End If
    End Sub



6.ビルドして実行します。

7.テキストボックスに、テンキーで数字を入力してみます。

8.アルファベットを入力してみます。
  ※入力しても無視されていることがわかります。

9.Backspace キーを押してみます。

10.リターンキーを押してみます。

11.入力されたデータが、メッセージボックスで表示されます。


-----------VB.NETコーディングここまで-------------------

IMEのプロパティと組み合わせて使うと、より効果的です。
キーイベントには、KeyDown 、 KeyUp などありますが、
KeyPress は、KeyDownより後で判定されます。





 

http://anetm.com/dev/d.cgi?SC=DTDTL&o=OOO

Copyright(c)2001-2004 Ai Net Makoto 記事・情報の無断転載を禁止します。

「これがほしかった!厳選サンプルツール集」の注意点
●当サイトはリンクフリーです。
2018/10/21(日)00:05 更新