【】Top

【】VB.NET
【】VB6.0

【】メールマガジンの購読
【】メールマガジンの解除






【】会社概要

【】お問い合わせ


姉妹サイト「バーチャルコネクション!」はこちらです。

姉妹サイト「七福神のメールでビンゴ!」はこちらです。

アイネットマコト

●24時間365日の安心をあなたにAT-LINK専用サーバ・サービスお勧めのサーバです。






レジストリへの保存と読み出し

.NET では、レジストリを容易にコントロールできる機能が用意されています。
この機能を使えば、簡単に、
アプリケーションの個別設定の保存ができます。

例えば、ウィンドウのサイズや、位置などを前回起動した状態で
呼び出すことなどが可能になります


フォームに次の様なコードを記述します


-----------VB.NETコーディングここから-------------------

1.フォームでダブルクリックして、フォームのロードイベント
  プロシージャのコード編集画面にします。

2.次のコードを記述します。

    Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object,  _
        ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load

        Me.Left = GetSetting("FormRegSample", "Position", "left", 0)
        Me.Top = GetSetting("FormRegSample", "Position", "top", 0)
        Me.Width = GetSetting("FormRegSample", "Size", "width", 100)
        Me.Height = GetSetting("FormRegSample", "Size", "height", 100)

    End Sub

    Private Sub Form1_Closed(ByVal sender As System.Object, _
        ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Closed

        SaveSetting("FormRegSample", "Position", "left", _
           CStr(Me.Left))
        SaveSetting("FormRegSample", "Position", "top", CStr(Me.Top))
        SaveSetting("FormRegSample", "Size", "width", CStr(Me.Width))
        SaveSetting("FormRegSample", "Size", "height",  _
            CStr(Me.Height))

    End Sub


3.ビルドして実行します。

4.サイズや位置はデフォルトとしてフォームが表示されます。

5.適当にフォームサイズや、フォームの表示位置をマウスドラッグで
  変えて、フォームを閉じます。

6.もう一度、フォームを表示してみます。

7.前回の表示状態を維持して、フォームが表示されます。

-----------VB.NETコーディングここまで-------------------


フォームのロードイベントでは、
GetSetting 関数により、レジストリより値を取り出しています。
レジストリに記憶されている値がない場合は、デフォルトで
値 を設定するようにしています

フォームのクローズイベントでは、
SaveSetting 関数により、レジストリより値を書き込んでいます。

この場合、レジストリへの記憶は、
アプリケーション名、セクション、キー
の3種類の項目キーでユニークとして書き込みしています。

ここでレジストへ書き込みした情報は、
HEKY_CURRENT_USER\Software\VB and VBA Program Settings
配下へ保存されます。





 

http://anetm.com/dev/d.cgi?SC=DTDTL&o=O/7

Copyright(c)2001-2004 Ai Net Makoto 記事・情報の無断転載を禁止します。

「これがほしかった!厳選サンプルツール集」の注意点
●当サイトはリンクフリーです。
2018/08/22(水)00:05 更新